維新・前川氏を書類送検 公選法違反容疑 前川氏「選挙運動でない」

[PR]

 昨年10月の衆院選の公示前に自身への投票を呼びかける文書を配布したとして、奈良県警は14日、日本維新の会前川清成衆院議員(59)=比例近畿ブロック=を公職選挙法違反(法定外文書頒布、事前運動)の疑いで奈良地検に書類送検した。捜査関係者への取材でわかった。

 容疑は昨年10月、公示前にもかかわらず、選挙はがきなどが入った封書を出身の関西大学の卒業生数十人宛てに郵送し、投票を呼びかけたというもの。

 卒業生に送られた選挙はがきは宛名が空欄で、有権者の氏名住所などを記入し返送するよう依頼する文書が同封されていた。捜査関係者によると、同様の行為は公示前でも支援者に対して送る場合は準備行為として違法性がないという。だが、県警は今回、支援者以外の不特定多数に郵送されているとし、宛名書きを名目に投票を呼びかける選挙運動と判断した。

 前川氏は朝日新聞の取材に「ポスターや、ボランティア、選挙はがき作成協力などの支援のお願いをしていますが、これらは政治活動あるいは準備行為であって、選挙運動ではありません」と回答した。

 前川氏は民主党の元参院議員で内閣府副大臣も務めた。昨年の衆院選では維新公認として奈良1区から立候補したが落選し、比例で復活当選していた。