「批判されるほど燃える」 盟友去っても、めざす4度目のあの舞台

有料会員記事スポーツPlus

堤之剛
[PR]

 ことしの11月、カタールのピッチを彼はどんな思いで駆けているだろうか。

 長友佑都、現在35歳。

スポーツPlus

スポーツPlusはオリジナル記事を有料会員の方にメールで先行配信するニュースレターです。今回は1月4日配信分をWEB版でお届けします。

 昨秋、欧州の第一線から11年ぶりにJリーグに復帰した。自信のある顔つきは変わらない。ただ、自らの立ち位置は少し変わった。

 「自分が出られなくても、チームの勝利のために動けるんじゃないかと。それは今までの自分とはちょっと違っている」

 この10年、日本の左サイドバックの定位置を誰にも渡さなかった。日本歴代2位の国際Aマッチ131試合出場を誇る「鉄人」だ。

 昨年9月に始まったワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選。初戦こそ先発フル出場したものの、続く5試合は全て途中で退いた。直近2試合は後半15分過ぎまでのプレーで、24歳の中山雄太と代わった。戦術的な意味合いがあるとはいえ、これまでは見られなかった交代だ。

 長友はイタリアの名門インテル・ミラノに7年在籍。トルコのガラタサライフランスのマルセイユと強豪クラブを渡り歩いてきた。欧州挑戦を引き続き模索したが、熱烈オファーを受けた古巣FC東京への復帰を選んだ。

 欧州で長年プレーし、日本に戻った選手が活躍するのは簡単ではない。

 W杯最終予選6試合、FC東京の昨季リーグ10試合で、長友のアシストはゼロ。高いスプリント能力でサイドを駆け上がり、鋭いクロスを送る。そんな躍動感あるプレーは減った。

 「得点に絡むことや攻撃の組み立ての部分で貢献しないといけない」。持ち味だった攻撃参加を課題として認めたうえで、スピードとキレで勝負できる力はあると自負する。その力を確実に発揮するため、多様なことを採り入れてきた。

 体幹、ヨガ、食事に関する著…

この記事は有料会員記事です。残り1006文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
スポーツPlus

スポーツPlus

競技に生きる、そこに生きた、それを支えた人たちの、勝ち負けだけじゃない物語を描きます。ニュースレター「スポーツPlus」は、有料会員の方に毎週お届けします。[記事一覧へ]