統計不正、国会集中審議求める野党 拒む与党は新年度予算を優先

会員記事自民立憲国民

磯部佳孝
[PR]

 国土交通省の統計不正問題をめぐり、衆院予算委員会の理事懇談会は14日、同省から第三者による検証委員会がまとめた報告書の説明を受けた。野党は「政府全体の統計の信頼性なども含め、非常に重要な問題だ」と、この問題をテーマにした予算委での集中審議を求めた。だが、与党は要求には応じない方針だ。

 理事懇後、立憲民主党大串博志・予算委筆頭理事は報告書について「短期に(調査が)行われているので限界があったのではないか。深掘りしないといけない点がある」と、国会審議を通じて解明する考えを示した。

 特に、昨年末の臨時国会で斉…

この記事は会員記事です。残り385文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!