第4回フィギュア選手の回転は予想を超える速さ 頭に着けたカメラが外れ…

有料会員記事

諫山卓弥

動画企画「選手目線」

 冬季五輪の競技から五つの競技で選手の協力を得て、小型カメラを着けてもらって動画を撮影しました。ブラウザー版では記事の最後に動画があります(視聴は会員限定です)。

[PR]

 氷上を優雅に滑るフィギュアスケート。冬季五輪のスケートでは唯一の採点競技で、2分40秒のショートプログラムと、4分のフリー(いずれも±10秒まで演技可能)を滑る。音楽に合わせジャンプやスピン、ステップといった要素が展開する演技は、高い人気を集めている。

 MFフィギュアスケートアカデミー(千葉県船橋市)の長山桃子(ももね)選手(12)がVRカメラを装着し、演技中の選手が見ている風景を撮影してくれた。

 動画を再生すると、意外に速…

この記事は有料会員記事です。残り242文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    鈴木明子
    (プロフィギュアスケーター、元五輪代表)
    2022年1月28日9時27分 投稿

    【視点】フィギュアスケートの回転や滑るスピードは想像以上に遠心力がかかります。髪の長い選手は髪をまとめて滑ることがほとんどですが、かなりきっちりととめておかないと簡単にヘアゴムがゆるんでしまったり、ヘアピンが吹っ飛んでしまいます。(ちなみに髪の毛で

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]