綾瀬市が2月から「パートナーシップ宣誓制度」開始

[PR]

 神奈川県綾瀬市は、性的少数者や事実婚のカップルを公的にパートナーとして認める「パートナーシップ宣誓制度」を2月1日から開始すると発表した。

 対象は成人で、市内に住所があるか、1人が市内に住所があり、もう1人は3カ月以内に市内への転入を予定している2人で、婚姻していないことなどが条件。宣誓すると宣誓書受領証と、希望者には受領証カードが交付される。希望者は宣誓日の原則7日前までに電話で予約。宣誓日に宣誓書のほか、住民票や戸籍抄本などの必要書類を提出する。予約は市民課広聴相談担当(0467・70・5605)へ。

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]