東京オートサロン、スポーツカーも存在感 トヨタはレース専用車公開

有料会員記事

福田直之、近藤郷平
[PR]

 千葉市幕張メッセで展示会「東京オートサロン」が14日に始まった。電気自動車(EV)が注目されるが、スポーツカーも負けてはいない。トヨタ自動車日産自動車などはEVを重視しつつ、ガソリン車の開発も続ける。

 東京オートサロンでは主に改造車を展示している。昨年はコロナ禍でオンライン開催となった。会場で開くのは2年ぶりで、700台超の車が並んだ。14日は企業関係者やメディア向けで、15、16日に一般公開される。

 トヨタはスポーツカーブランド「GR」(ガズー・レーシング)で、レース専用車両のコンセプトカーなどを披露した。トヨタは走行環境が過酷なレースを通じて知見をたくわえている。量販車の開発にも生かしており、スポーツカーの復権に力を入れる。

 トヨタはもともと、「ヨタハチ」の愛称で知られるトヨタスポーツ800や、スパイ映画「007シリーズ」に登場したトヨタ2000GTなど、スポーツカーを開発してきた。2000年以降は需要の低迷や排ガス規制の強化もあり、生産をやめる車種が相次いでいた。

 10年代に入り、スバルと共…

この記事は有料会員記事です。残り1203文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!