日立製作所、日立建機の保有株の半数売却を正式発表 伊藤忠などに

伊沢健司
[PR]

 日立製作所は14日、建設機械大手の日立建機について、保有する株式51.5%のうち26%分を売ると正式に発表した。売却先は、伊藤忠商事と国内投資ファンド日本産業パートナーズ」が共同出資する特別目的会社。1株あたり3300円となる1825億円で6月に譲渡する。

 日立製作所は残りの株は持ち続ける。「グローバルに事業拡大を加速し、海外を中心とした日立ブランドの価値向上に寄与すると考えている」とのコメントを出した。

 日立製作所は、IT事業との親和性や事業の収益性などを基準に、グループの再編を進めてきた。リーマン・ショック直後の2009年時点で22社あった上場子会社について、今回の売却で整理にめどがついた。(伊沢健司)