水道管塗料に不適切な原料、東京・大阪などで工事ストップ

有料会員記事

編集委員・堀篭俊材
[PR]

 一部の水道管に認証規格をクリアしていない塗料が使われており、東京都大阪市横浜市などが更新などの工事を中断していることがわかった。塗料メーカーの神東塗料(本社・兵庫県尼崎市、東証1部)が、規格で認められていない原料を使っていたことが発覚し、クボタなどの水道管メーカーが出荷を停止しているためだ。水質への影響などの確認に時間がかかるため、工事再開のめどはたっていない。

 神東塗料によると、水道管用の合成樹脂塗料で、検査機関である日本水道協会の認証規格で認められていない原料を使っていた。昨年10月に社員からの内部通報をきっかけに明らかになり、社内調査を進め、昨年末に同協会に伝えたという。

 問題の塗料が使われていた水道管は、さびや腐食に強く、耐震性もある「ダクタイル鋳鉄管」。全国に約72万キロメートル(2019年度末時点)ある水道管の54%を占めている。全ての水道管のうち、法律で定められた耐用年数の40年を超える老朽管は19%に達し、更新時はダクタイル鋳鉄管が主流になっている。

 塗料は主に水道管の外側の塗装に使われるが、管と管をつなぐ継ぎ手の部分では内側にも使われ、塗料が水に触れる。日本水道協会は、神東塗料の製品を使って水道管をつくるメーカーに、安全性を確認するまで出荷自粛を要請。ダクタイル鋳鉄管でシェア約6割のクボタは神東塗料の製品を使っているため、今月11日から出荷を停止した。栗本鉄工所日本鋳鉄管も、出荷を取りやめている。

工事の約半数、中断した自治体も

 これを受けて、横浜市は今年…

この記事は有料会員記事です。残り722文字有料会員になると続きをお読みいただけます。