「この日迎えられたことに感謝」 各地の受験生たちは 共通テスト

有料会員記事

阿部朋美、佐藤瑞季、安井健悟、前田伸也
[PR]

 新型コロナの感染者が急増するなか、15日、大学入学共通テストが始まった。各地の会場では、感染に気をつけながら、緊張感や意気込みをもってテストに臨む受験生たちの姿が見られた。

 東京都内のある試験会場では、午前8時に門が開くと、受験生たちが参考書などを手に、緊張した面持ちでくぐっていった。

 都内の私立高校3年の男子生徒(18)は「コロナ感染者が日に日に増えていき、自分も感染するのではないかと不安だった」。試験会場でも、手に触れるものは消毒するつもりだという。

 一方、「必要以上に感染を不安がらない方がいいと思った」と話すのは、神奈川県鎌倉市に住む高校3年の鈴木夕夏(ゆか)さん(18)。ただ、複数の人が出入りするカフェで勉強するのは避けてきたという。

 今回は、センター試験から共通テストに切り替わって2年目となる。

 都立高校3年の長岡恵太さん(18)は「緊張しているが、今まで頑張ってきた勉強の成果を発揮したい」と意気込む。2年目で、どのような問題が出るのか読めなかったといい、昨年の共通テストやセンター試験の過去問を繰り返し解いてきたという。

 都内の私立高校に通う神谷日…

この記事は有料会員記事です。残り1116文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]