20万円で真夏に雪合戦も 1トン1000円で挑む豪雪地帯の新産業

有料会員記事

松浦新
[PR]

 雪はやっかいものだが、売り物にもなっている。北海道旭川市の西にある豪雪地の沼田町は、冬に除雪した雪をため、夏場に1トン1千円で販売している。年間1500トン前後で、2千トンが売れた年もある。除雪とは別に集めた雪は10倍の値段をつけても、年間約50件が売れる。

 真夏の東京都内に5トンの雪を鉄道やトラックで運んでの雪合戦が、輸送費を含めて20万円程度で楽しめるという。

 イベントだけでなく、冷房や冷蔵に利用することで、二酸化炭素(CO2)を減らす取り組みも進んでいる。

 2019年夏のさいたま市東京五輪パラリンピック熱中症予防対策を想定し、埼玉スタジアム2002の近くに設けられた仮設テントの近くには、約3トンの雪が入ったフレコンバッグが置かれていた。

ウッドチップで覆ったら

 周辺の気温が40度を超える…

この記事は有料会員記事です。残り848文字有料会員になると続きをお読みいただけます。