毎晩祈り続ける詩人、供えられた200枚の詩はがき 大阪・ビル放火

有料会員記事大阪・北新地のビル火災

加藤あず佐、杉山匡史
[PR]

 25人が亡くなった大阪市北区の放火殺人事件の現場で毎晩、犠牲者一人ひとりに祈りを捧げる詩人がいる。家路を急ぐ人々が途切れなく行き交う歩道の端で、目を閉じ、静かに手を合わせる。

 大阪市内に暮らす里みちこさん(74)は事件の6日後、初めて現場となったクリニックが入る雑居ビル前に立った。25人の無念を思い、涙がこぼれた。翌日も、その次の日も、現場に自然に足が向いた。

 「亡くなった人たちを悼み、祈りたい。私の『いのち』のかけらである『時間』をお供えしたい。沈黙の声を聴き、残された思いを生かしていけないだろうかと思っています」

 深く見つめた心の痛みや喜びを筆文字で詩に描く詩人で、詩を朗読して心模様を伝える「詩語り」を大阪城公園でほぼ毎朝、25年以上続けている。自身の父母との別れを詠んだ詩は、大切な人を災害や自殺で亡くした遺族にも響き、遺族支援グループの集まりに招かれることも多い。

 誰かを励まそうと、詩を書くわけではない。

 でも、遺族が亡き人を思いな…

この記事は有料会員記事です。残り713文字有料会員になると続きをお読みいただけます。