誰が着せた? 歩道のオブジェにストール・靴下 北九州で風物詩に

[PR]

 北九州市役所そばの「中の橋」の歩道に立つ人型のオブジェ7体に、今冬も靴下やストールが着せられた。誰が施したか、管理する市も分かっていない。

 オブジェは1992年、橋の架け替えを機に設置された。いつからか冷え込む時期になると着込み、暖かくなるころには脱がされて消えている。

 近年は冬の風物詩となり、スマホのカメラを向ける人も。橋は別名「太陽の橋」。吹きさらしの中で往来する人たちを、遊び心がほっこりさせている。