津波警報の奄美大島・大和村全域に避難指示 注意報の東北各地でも

[PR]

 南太平洋のトンガ諸島の海底火山で大規模な火山噴火があり、気象庁津波警報、注意報を出したことを受けて、16日未明、各地の自治体が相次いで避難指示を発令した。

 津波警報が発令された奄美大島鹿児島県)では、同県大和村が全域にあたる856世帯1435人に避難指示を出した。村役場によると16日午前2時現在、津波による被害の情報はないという。

 津波注意報が出ている宮城県石巻市は、沿岸部の住民ら約5万3千人を対象に避難指示を出し、高台などに避難するよう求めた。午前1時50分現在、津波による被害の情報はない。市内9カ所に避難所を設けているが、避難している住民はいないという。

 また、同県亘理町では約5千人、山元町では約1800人を対象に避難指示が発令された。塩釜市女川町、利府町、名取市も避難指示を出した。

 岩手県山田町は沿岸部の住民約1900人を対象に避難指示を出した。町役場の担当者によると8人が避難したという。このほか岩手県内では陸前高田市久慈市、野田村、田野畑村、大槌町、岩泉町、釜石市が避難指示を発令している。

 青森県では、おいらせ町、階上町、高知県南国市でも海岸付近などに避難指示を出している。

    ◇

 宮城県石巻市は17日、トンガ諸島の噴火による津波注意報を受けて発表した避難指示の対象人数5万3595人は誤りで、実際は約3800人だったと明らかにした。県の防災システムに入力する際、津波の規模が大きいと想定して事前に仮入力していたものをそのまま流したという。