新型コロナ感染者の発表「職業や居住地も公表を」 気仙沼市長

新型コロナウイルス

星乃勇介
[PR]

 宮城県気仙沼市の菅原茂市長は11日の定例記者会見で、県の新型コロナウイルスの新規感染者の発表形式について、市町村ごとにまとめる今のやり方ではなく、患者ごとに年代や職業、居住地などを公表する従来の形式の方が望ましいという考えを示した。「感染者の属性があった方が市民への注意喚起がしやすい」という。

 県疾病・感染症対策課によると、患者ごとの発表は昨年9月21日以降、保健所の負担軽減や個人情報保護の観点からやめた。「小さなまちでは特定されやすいため」などとする。

 気仙沼市は昨年9月20日以降は感染者ゼロが続いたが、1月4日に新規感染者が出た。菅原市長は、ある程度の属性を公表している岩手県を例に「学校や公共施設は一時間でも早く予防措置を執りたいので、情報はできるだけ出して」と訴える。(星乃勇介)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]