深夜のサイレン、よぎった大震災の記憶 「とにかく逃げる」避難所へ

[PR]

 南太平洋のトンガ諸島での大規模噴火の影響で、宮城県内にも沿岸部で津波注意報が発令され、各地で避難指示が出された。11年前の東日本大震災の経験などから、避難者たちは不安な夜を過ごした。

 気仙沼市の高台にある市民会館には16日午前0時半ごろから避難者が続々と車で駆けつけ、車両は一時30台ほどに。避難者は車内や館内で暖を取りながらラジオやテレビの情報に耳を傾けていた。

 市民会館は2011年の東日本大震災でも避難所になった場所だ。今回も避難所として開放され、午前2時半ごろにはホールで10人程度が配られた毛布をかぶって、休んでいた。

 トランプをして時間をつぶしていた同市幸町2丁目のホテル従業員、佐藤謙太さん(35)は、一家5人で避難してきた。11年前の大震災では、津波で市内の実家が全壊した。「あの時の記憶があるので、サイレンを聞いてすぐ非常持ち出し袋を持って逃げた」

 佐藤さんの母香さん(58)も「近所はまだ家にいる人が多かったが、11年前はそれでたくさんの知人が死んだ。状況が分からないときは、とにかく逃げるに限る」と話し、毛布をかぶって横になった。

 一方、石巻市では約2万5800世帯5万3600人に避難指示が出た。市中心部に近い高台にある市総合体育館の避難所には、16日午前3時半には2人が避難していた。体育館正面の駐車場にも、避難に来たと思われるエンジンをかけたままの車が約10台あった。

「火山というパターンは初めてで…」

 武道場の畳の上で寝転んでいた会社員の男性(30)は、自宅アパートで酒を飲んでいて、テレビで津波注意報が出ていることに気づいてあわてて徒歩で体育館へ。「状況がわからないままとりあえず避難したけど、思ったより大ごとではなさそう。午前4時過ぎの満潮時刻に何も起こらなければ家に帰ろうかな」と話した。

 この避難所は津波注意報発令の約25分後に開設。津波注意報が出ると自動的に作ることになっていて、夜間や休日は自宅が近い職員らが駆けつけるという。担当職員の一人は「普段から訓練しているし即座に開設に向かうから混乱はなかったけど、火山というパターンは初めてで驚いた」と話した。

 市危機対策課によると、津波注意報が出たら即座に避難指示を出す沿岸部のエリアを定めており、その居住者が今回の約2万5800世帯の5万3600人だった。

 同日午前3時過ぎ、市中心部にある日和山では、会社員の遠藤太一さんが海を見ていた。「揺れてもないのに突然サイレンが鳴り響いてびっくりした」。旧北上川の近くに住んでいるので、万一、車が水をかぶっては大変だと幼い息子を連れて日和山にやってきた。

 16年の福島沖地震で津波注意報が出た際は、地震が先に来たので心の準備もできたが、今回は深夜の突然のサイレン。「普通の津波ではないし、本当に気持ちが悪い」と話した。(星乃勇介、原篤司)

     ◇

 宮城県石巻市は17日、トンガ諸島の噴火による津波注意報を受けて発表した避難指示の対象人数5万3595人は誤りで、実際は約3800人だったと明らかにした。県の防災システムに入力する際、津波の規模が大きいと想定して事前に仮入力していたものをそのまま流したという。