永瀬拓矢王座が4強に進出 藤井聡太竜王の連覇ならず 朝日杯将棋

村瀬信也
[PR]

 第15回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の名古屋対局2日目が16日、名古屋市熱田区名古屋国際会議場で行われ、永瀬拓矢王座(29)が2回戦で藤井聡太竜王(19)=王位・叡王・棋聖と合わせ四冠=を破り、4強入りを決めた。藤井竜王の2連覇はならなかった。

 午前の1回戦で藤井竜王は船江恒平六段(34)に、永瀬王座は阿久津主税八段(39)にそれぞれ勝利。2回戦は、早い段階から共に一歩も引かない激しい攻防が繰り広げられ、強気に攻めた永瀬王座が押し切った。永瀬王座は第13回で準優勝の経験があり、初優勝を目指す。

 藤井竜王は初参加の第11回を含めて3回の優勝を誇る。これまで全て4強以上に勝ち残っていたが、今回は8強止まりとなった。

 棋譜と大盤解説会の模様は朝日新聞デジタル(https://digital.asahi.com/shougi/asahicup_live/別ウインドウで開きます)で見られる。村瀬信也