9歳で逝った息子、残ったランドセル 27年たっても自分を許せない

有料会員記事阪神・淡路大震災

森直由
[PR]

 阪神・淡路大震災で亡くなった息子(当時9)のランドセルを、父親は大切にとっている。「自分を許せない」と、がむしゃらに働き続けた27年。「あの後、父さんは恥ずかしくない人生を送ってきたよ」。いつか天国で再会できたなら、そう言ってこのランドセルを返したい。

 1995年1月17日。兵庫県西宮市の会社員、竹田守さん(66)はその晩、家族5人で回転ずしへ行くはずだった。次男の誠さんはマグロが大好きで、楽しみにしていた。前夜は「おやすみ!」と大きな声で言って部屋へ入った。それが最後の言葉だった。

 午前5時46分。2階で寝ていると、誰かに背中を蹴られたように感じて目を覚ました。木造2階建ての自宅は崩れ落ちた。

 窓から外に出たが、1階で寝ていた誠さんの姿が見えない。はりの下敷きになっていたようだ。近所の人らとバールやノコギリなどあらゆる道具で瓦をはがし、がれきを取り払った。ガラスで手を切って血まみれになっても気にせずに続けたが、たどり着けない。

 午後に大阪の消防隊が来て…

この記事は有料会員記事です。残り885文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

1.17 再現/阪神・淡路大震災

1.17 再現/阪神・淡路大震災

あの日、何が起こったのか。阪神・淡路大震災を映像や音声でお伝えします。[記事一覧へ]