「負けて強くなる」朝日杯敗退の藤井聡太竜王、ファンの熱視線

有料会員記事

木村俊介
[PR]

 名古屋国際会議場名古屋市熱田区)で開かれた第15回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社、日本将棋連盟主催)の「名古屋対局」に16日、前回優勝の藤井聡太竜王(19)=愛知県瀬戸市出身、王位・叡王・棋聖と合わせ四冠=が登場した。公開対局で1回戦と2回戦を戦い、2回戦で永瀬拓矢王座(29)に惜しくも敗れた。

朝日杯将棋オープン戦決勝記念号外の申し込みはこちらから

朝日杯の開催を記念して、決勝の結果を掲載した記念号外(PDFデータ)を無料プレゼントします。QRコードからも応募できます

 午前の1回戦は、船江恒平六段(34)と対局した。安定した寄せを見せて勝利。藤井竜王は「終盤、強く指すことができたと思います」と話した。

 午後の2回戦は、同じく午前の1回戦で勝った永瀬王座が相手。だが、じりじりと攻められ、2時間の熱戦の末に敗れた。大盤解説会の解説を務めた行方尚史九段(48)が「均衡を保ち、見応えがあった」と評する内容だった。

 対局後、インタビューに応え…

この記事は有料会員記事です。残り607文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら