藤井聡太竜王を破った永瀬拓矢王座「大金星だと思う」 朝日杯将棋

有料会員記事

村瀬信也
永瀬拓矢王座、藤井聡太竜王とは「10局目で3勝目、差を埋められるように」~ベスト4進出~【第15回朝日杯将棋オープン戦名古屋対局】=高津祐典撮影
[PR]

 第15回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦公開対局2日目が16日、名古屋市熱田区名古屋国際会議場で行われ、永瀬拓矢王座(29)が2回戦で藤井聡太竜王(19)=王位・叡王・棋聖と合わせ四冠=を破り、4強入りを決めた。藤井竜王の2連覇はならなかった。

 16日午前の1回戦で藤井竜王は船江恒平六段(34)に、永瀬王座は阿久津主税八段(39)にそれぞれ勝利。タイトル保持者同士の対戦となった2回戦は、藤井竜王が斬新な序盤戦術を披露して、類例の少ない展開になった。

 その後、ペースをつかんだ永瀬王座が強気な攻めで押し切った。

 永瀬王座は藤井竜王に勝った…

この記事は有料会員記事です。残り227文字有料会員になると続きをお読みいただけます。