噴火の「衝撃波」が影響? 専門家が指摘する潮位変化のメカニズム

有料会員記事

吉沢英将、竹野内崇宏
[PR]

 海外の海底火山の噴火に伴う潮位変動という初めての事例に、気象庁は通常の津波の時とは異なる判断を迫られた。

 トンガ諸島での噴火から約6時間後の15日午後7時すぎ、気象庁は、若干の海面変動が予想されるとしつつも「津波被害の心配はない」と発表した。

 この若干の海面変動があると同庁が想定していたのは、父島(東京都小笠原村)では午後10時半ごろだった。しかし、予想より2時間半早い午後8時ごろから各地で潮位の変化が観測され始めた。16日午前0時前にはついに鹿児島県奄美市で1メートルを超え、午前0時15分に警報、注意報の発令に踏み切った。

 津波警報は通常、地震の規模や震源の位置、深さをもとに津波高や到達時間を予測して発出する。だが、今回は各地の検潮所の観測値を発令基準とした。異例の難しい判断に、16日未明の記者会見で宮岡一樹・地震情報企画官は「検討に時間を要したが、防災上の観点から対応を呼びかけた。今回の潮位変化は通常の津波とは異なると考えている」と説明した。

 津波は噴火の現場を中心に広がるのが通例だが、日本よりトンガ諸島に近い米サイパン島などでの潮位の変化は0・1~0・3メートルと小さかった。

 なぜ火山から約8千キロ離れた日本の方が潮位の変化が大きかったのか。

 気象庁は今回、潮位変化が観…

この記事は有料会員記事です。残り404文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年1月16日22時24分 投稿

    【視点】「津波被害の心配はない」はずなのに、未明に津波警報・注意報が発令されたので、「どういうこと?」と不思議に思っていました。実際には津波ではなくて潮位変動だったけれども、制度上、ほかに警鐘を鳴らす手段がないから、便宜的に既存の仕組みを使って避難