【写真まとめ】「忘」に誓う祈り 阪神・淡路大震災27年

林敏行
[PR]

 1995年の阪神・淡路大震災発生から、17日で27年が経ちました。

 神戸市など4市と淡路島で震度7を観測した地震で、約25万戸が全半壊。家屋の倒壊、家具の転倒による圧迫や、その後の火災などで6434人が亡くなりました。

 発生時刻の午前5時46分。神戸市中央区東遊園地で開かれた「1・17のつどい」では、訪れた人たちが時報に合わせて黙禱(もくとう)し、祈りを捧げました。

 約5千本の竹灯籠(たけとうろう)と紙灯籠で描かれた文字は「忘」。実行委員会は、震災の経験者でさえ忘れてしまっていることがあるとし、改めて「忘れてはいけない」と選びました。

 「忘」の一文字を「わすれない」と読んで欲しいとする一方、思い出すのがつらいという「忘れたい」人たちにも思いを寄せています。

 地震直後の被災地や、これまでに開かれた「つどい」の様子、地震発生時刻を迎え祈りに包まれた神戸の今朝の風景を、写真でお伝えします。(林敏行)