中朝の列車往来、再開へ コロナで途絶えた中国の援助物資、近く搬入

有料会員記事

瀋陽=平井良和
[PR]

 新型コロナの影響で1年以上にわたり物資の往来が途絶えている中朝の陸路国境で、列車による往来再開の準備が最終段階を迎えている。北朝鮮の食糧不足が深刻さを増すなか、肥料などの援助物資を中心に中国からの搬入再開を決めたという。列車による物資搬入は2年ぶりとなる。

 北朝鮮側は物資往来の再開を望みつつも、ウイルス流入への不安がぬぐい切れず、協議の末の断念が繰り返されてきた。

 中朝貿易や北朝鮮の事情に詳しい複数の関係者によると、中国遼寧省丹東市と北朝鮮の新義州市を結ぶ中朝友誼橋を通る列車の運行を数日内に再開する。16日に北朝鮮から列車の機関部などが中国入りした。

 中国側で準備している肥料や…

この記事は有料会員記事です。残り455文字有料会員になると続きをお読みいただけます。