謎に満ちた愛媛の缶詰「江戸ッ子煮」その味は おつまみにも弁当にも

有料会員記事

足立菜摘
【動画】愛媛の「江戸ッ子煮」=足立菜摘撮影
[PR]

 愛媛県民の皆さん、「江戸ッ子煮」を知っていますか。ご存じない? きっと多くの人がそうでしょう。

 実は、愛媛県西予市の食品会社が製造している缶詰の商品名。中には牛肉としらたき、大豆、たけのこ、昆布のかんぴょう巻きと、具材がぎっしり。煮汁はしょうゆベースで、さながら小さなすき焼きのようだ。

 この缶詰、残念ながら愛媛ではほとんど流通していない。なのに、県外では「愛媛の郷土料理」と紹介されていたこともあるという。そして愛媛なのに「江戸」。謎が多い。

 12月上旬、製造している「アール・シー・フードパック」の工場を訪ねた。煮詰めた調味料の香ばしさを全身に浴びながら、従業員が下ごしらえの済んだ材料を一つずつ、慣れた手つきで缶に詰めていく。

 「江戸ッ子煮」は同社で最古参の商品の一つ。社内では戦前から製造されていたと伝わり、よく昔の思い出が寄せられる。数カ月前には「戦時中、疎開先で食べていた子がうらやましくて、ずっと探していた」と、80代の女性から電話があった。

 月の生産量は約5千個で、多くが北陸や関西のスーパーに卸される。北陸では「金沢のご当地缶詰」として扱われることもあるとか。藤田宣邦社長(49)は「30年ほど前の大阪の小学校の献立表には、江戸ッ子煮が『愛媛の郷土料理』として給食に出たと残っていた」と話す。一方、地元では一部の酒屋さんに並ぶものの、レアな存在だ。

 名前の由来は、諸説あるそう…

この記事は有料会員記事です。残り821文字有料会員になると続きをお読みいただけます。