「1.17」灯籠に黙とう、各地で追悼行事 阪神・淡路大震災27年

阪神・淡路大震災

鈴木春香
[PR]

 6434人が亡くなった阪神・淡路大震災は17日、発生から27年を迎えた。地震が起きた時刻の午前5時46分には各地で追悼行事が始まり、多くの人が祈りを捧げた。記憶の風化が進むなか、備えの大切さを伝え継ぐことが課題になっている。

 神戸市中央区の公園「東遊園地」では、震災を忘れないとの意味を込めて「忘1・17」の文字に並べた灯籠(とうろう)約5千本(主催者発表)の前で、訪れた人らが黙禱(もくとう)した。東遊園地の再整備などの影響で灯籠の数は昨年の半分に。昨年に続く新型コロナウイルスの影響で、規模も縮小しての開催となった。

 6434人が亡くなった阪神・淡路大震災は17日、発生から27年を迎えた。地震が起きた時刻の午前5時46分には各地で追悼行事があり、多くの人が祈りを捧げた。

 神戸市中央区の東遊園地では、震災を忘れないとの意味を込めて「忘 1・17」の文字に並べた灯籠(とうろう)約5千本(主催者発表)の前で、訪れた人らが黙禱(もくとう)した。東遊園地の再整備などの影響で灯籠の数は昨年の半分に。昨年に続き新型コロナウイルスの影響で、行事の規模も縮小しての開催となった。

 式典では、震災で姉(当時17)を亡くしたシンガー・ソングライターの田代作人さん(37)が遺族代表として追悼の言葉を述べた。「まだ10歳だった僕には世界が終わったかのように感じた」と変わり果てた町の様子を振り返り、姉が助からなかったと知ったときは「自分が自分じゃなくなるような、とにかく人生で最もつらい瞬間でした」と話した。

 市によると、会場には午前7時までに約4千人が訪れた。(鈴木春香)

戦後初の大都市直下型地震

 阪神・淡路大震災は、1995年1月17日午前5時46分に発生。戦後初の大都市直下型地震だった。震源は兵庫県淡路島北部で、マグニチュードは7・3。神戸市をはじめ県内の4市と淡路島で、観測史上初めて震度7を記録した。

 人的被害は死者6434人、行方不明者3人、負傷者4万3792人。全半壊した住宅は約25万棟にのぼる。その後も国内で甚大な被害をもたらす災害が続発し、「大災害時代」の始まりとも言われた。

 防災・復興対策が見直され、さまざまな仕組みがつくられていく契機となった災害でもあった。

 発生から1年間で延べ約138万人のボランティアが活動。95年は「ボランティア元年」と言われた。ボランティア活動を後押しする特定非営利活動促進法(NPO法)のほか、耐震改修促進法ができ、国や自治体は住宅の耐震化を進めてきた。住宅再建に支援金を給付する被災者生活再建支援法もこの震災がきっかけで制定された。(鈴木春香)

  • commentatorHeader
    田中宝紀
    (NPO法人青少年自立援助センター)
    2022年1月17日10時5分 投稿

    【視点】記事中にあるように、ボランティア活動やNPO法など、阪神・淡路大震災がきっかけとなり誕生したものには、現在いっそうその重要度を増しているものも少なくありません。海外ルーツの方など、日本語があまり得意でない人たちとの「共通語」として、昨今行政

1.17 再現/阪神・淡路大震災

1.17 再現/阪神・淡路大震災

あの日、何が起こったのか。阪神・淡路大震災を映像や音声でお伝えします。[記事一覧へ]