東大前刺傷、容疑の高2「以前から計画」 当日に下見か

[PR]

 東京都文京区東京大学付近で大学入学共通テストの受験生ら3人が刺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された名古屋市の高校2年の少年(17)が逮捕直後、「以前から計画していた」と話していたことが捜査関係者への取材でわかった。当日の早朝に現場の下見をしていた疑いもあるという。警視庁は17日朝、少年を送検した。

 少年の送検容疑は、15日午前8時半ごろ、東大弥生キャンパス西側の路上で、共通テスト受験生の女子高校生(17)と男子高校生(18)の背中を刃物で刺し、殺害しようとしたというもの。近くの男性(72)も刺されて重傷を負った。

 捜査関係者によると、少年は逮捕直後は容疑を認め、動機や経緯を話していた。その後は雑談には応じるが、事件については黙秘しているという。

 少年の逮捕直後の説明では、14日夜に夜行バスで名古屋市を出て、15日午前6時ごろにJR東京駅に着いた。到着後の行動については、「早朝に一度現場を見に行った」「私服から学生服に着替えた」といった説明をしていたという。

 警視庁は16日、少年の自宅を家宅捜索した。事件現場では包丁やナイフ、のこぎりのほか、可燃性がある液体や着火剤が押収されたが、捜査関係者によると、自宅には似たようなものはなかったという。同庁は押収品を分析するとともに、家族や学校関係者から事情を聴き、生活の実態や動機を調べる。