政府、国費留学生87人の新規入国認める コロナ防疫措置のうえで

新型コロナウイルス

西村圭史
[PR]

 新型コロナウイルスの水際対策で制限している海外からの留学生の新規入国について、松野博一官房長官は17日の記者会見で国費留学生87人の入国を認めると発表した。卒業や修了まで1年未満で、入国できないことで卒業時に支障がでる懸念があり、必要な防疫措置などの受け入れ準備が整っている人が対象となる。

 政府は水際対策として、全世界からの外国人の新規入国を昨年11月30日に原則停止。岸田文雄首相は今月11日、停止措置を2月末まで延長すると表明した。ビジネス関係者や技能実習生、留学生らは入国できない状態が続いており、国内で感染が拡大する一方で、外国人に厳しい水際対策を取り続けることに批判も起きていた。

 松野氏は「公益性や緊急性の観点から、個別の事情を勘案し、必要な防疫措置を講じた上で入国を認めることとした」と説明した。(西村圭史)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]