寝たきりのベッドから広がる詩 杉良太郎、ATSUSHIが楽曲に

有料会員記事

川村直子、北村有樹子
[PR]

 寝たきりのベッドの上で脳性まひの女性が紡ぐ詩が、多方面に広がっている。詩集の発表後、詩を題材にした曲の制作や海外での出版が続く。詩に感銘を受けた歌手で俳優の杉良太郎さん(77)らもやりとりを重ね、詩をもとにした楽曲を制作した。

 東京都板橋区の堀江菜穂子さん(27)は、生まれたときから体がほとんど動かず、言葉を話せない。わずかに動く指で書き続けてきた一千編を超える詩のうち51編を収めた詩集「さくらのこえ」が、2015年、ボランティアらの手で発行された。

 その後、17年には詩集「いきていてこそ」が出版され、詩から発想を得た合唱組曲の制作や演奏会があったり、韓国で出版されたり、英訳本が作られたりと、さまざまな反響があった。

 そんななか、昨年5月、杉良太郎さんが詩集を手にした。「命の叫びのような詩。美しいだけじゃなく、いろんな感情が濾過(ろか)されて出てきた詩の生々しさを感じた」。

 このひろいせかいのなかで わたしはたったひとり (中略) それがどんなにふじゆうだとしても わたしのかわりはだれもいないのだから わたしはわたしのじんせいを どうどうといきる(「せかいのなかで」堀江菜穂子)

 杉さんはこのメッセージを「詩だけにとどめず、歌にして届けたい」と堀江さんに連絡。制作にとりかかった。歌詞にする際には、こんなふうに手を加えた。

 この広い世界の中で 私もあ…

この記事は有料会員記事です。残り920文字有料会員になると続きをお読みいただけます。