ブルガリグループCEO「頑張る女性、評価される世の中に」

ファッション

長谷川陽子
[PR]

 イタリアの高級宝飾ブランド「ブルガリ」が主催する「ブルガリ アウローラ アワード 2021」の授賞式が千葉県浦安市で昨年12月に開かれ、俳優の鈴木京香や歌手の和田アキ子ジャーナリストの伊藤詩織ら10人が選ばれた。授賞式を前に、ブルガリグループを統括するジャン・クリストフ・ババンCEOがリモートインタビューに応じ、「頑張っている女性がきちんと評価される世の中であってほしい」と意義を語った。

 文化、芸能、ビジネスなど様々な分野で活躍する女性をたたえるこの賞は、2016年に日本で始まった。同社の各国の法人の管理職は約半数が女性で、女性の職人も多く抱えているという。「ブルガリは女性たちに愛され育まれたので、何か恩返しがしたかった。多くの女性が受賞者にインスパイアされ、私たちもできるんだという気づきを与えることができたらうれしいですね」

 19年には中国でも同様の表彰をスタートし、今後はヨーロッパのいくつかの国でも開催予定だという。「こういったすばらしいコンセプトのアワードが世界に広がっていくことを大変うれしく思います」と話した。長谷川陽子