共通テスト・英語リスニング 代ゼミ、新高3生への学習アドバイス

新高3生へのアドバイス

代々木ゼミナール提供
[PR]

【教科】外国語

【科目】英語(リスニング)

【アドバイス】

1回読みでも詰まらず理解できる英語力を身につけましょう。

・音による理解の習慣化

 共通テスト後半の第3問から第6問では、リピートなしの1回読みの問題が出題されます。聞いて頭の中でいったん文にして訳す、という手順を踏んでいては理解が間に合わないので、自然に聞き取り、聞き取った順に理解する必要があります。また分からなかったら読み直すということもできないので、リーディングよりも難度が高い面があります。

 対策としては何よりも英語を音で理解することに慣れる必要があります。週に一度と言わず、二度、三度、できれば毎日、英語の音声に触れるようにしましょう。意味の切れ目や抑揚に気をつけながら音読したり、シャドーイング(英語の音声を聞きながらそのすぐ後に追いかけるように読み上げる練習)を行ったりすることも効果的です。

・様々な話者による発話の聞き取り

 共通テストのリスニング問題では一部でいわゆるイギリス英語や、英語を母語としない話者の発話を意識した音声が使用されます。日頃高校などの授業で学習する音声はアメリカで標準的に話されている英語であり、このような英語の音声にはあまり馴染みがない受験生も多いと思われます。文法や単語はほぼ同じなので、聞いても全く意味が分からないということはありませんが、発音の違いによってやや聞き取り辛く感じることがあるかもしれません。ニュースサイトなどで動画や音声を視聴することができるので、こうした英語に触れてみるのもよいでしょう。(代々木ゼミナール提供)

大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]