独アウディ、日本で25年にEV比率35%狙う 投入は15車種以上

福田直之
[PR]

 独フォルクスワーゲン傘下のアウディは17日、日本での販売に占める電気自動車(EV)の割合を、足元の1.5%から35%へ2025年までに引き上げると発表した。台数では年1万台超をめざす。EVの新型SUVを秋に投入して車種を増やし、販売店に急速充電網もつくる。脱炭素に伴うEVシフトを進める。

 日本自動車輸入組合によると、21年に売れた外国メーカー車は前年比1・4%増の25万9752台。うちアウディは外国ブランドでは4位の約2万3千台だった。

 アウディは既にEV4車種を日本に投入している。上積みを図るため、SUVの「Q4 e-tron」(税込み599万円から)を秋に発売する。24年までにEVを15車種以上導入する方針だ。

 EV普及の課題になっている急速充電網については、全国約100の販売店に150キロワットの急速充電器を設ける方針。今後、フォルクスワーゲンブランドを含む計約250店舗で、90~150キロワットによる充電を可能にする。

 ブランドディレクターでフォルクスワーゲングループジャパン社長のマティアス・シェーパース氏は都内で開いた記者会見で「EVは脱炭素を目指す上で必要という立場で、EVに積極的に取り組む」と話した。福田直之

  • commentatorHeader
    長野智子
    (キャスター・ジャーナリスト)
    2022年1月18日10時59分 投稿

    【視点】今年に入って各自動車メーカーが続々とEV車の大幅投入を宣言しています。三菱自動車の社長も「今年はEV元年」と発言しており、電気自動車が特別な車ではなく、当たり前の選択になっていくのでしょうか。私が温暖化の取材でアイスランドに行ったのは200