トヨタ車体、ダカールラリー市販車部門V9 旧型ランクルで有終の美

三浦惇平
[PR]

 トヨタ自動車の子会社トヨタ車体は、サウジアラビアで2~14日にあった自動車競技「ダカールラリー」の市販車部門で優勝し、2014年から9連覇を達成した。SUV(スポーツ用多目的車)のランドクルーザー2台で参戦し、1位と2位でゴールした。

 ダカールラリーは広い砂丘を走り、「世界一過酷なラリー」として知られる。市販車部門は最低限の改造しか認められていない。

 ランドクルーザーの「200シリーズ」をベースにした車での参戦は今回が最後で、来年は新型車で挑む予定だ。ドライバーの三浦昂選手(38)は「ラストランに9連覇という最高のプレゼントをすることができた」とコメントした。

 四輪部門では、トヨタ自動車がピックアップトラックのハイラックスで参戦し、3年ぶり2度目の総合優勝を果たした。四輪部門の完走率は約8割だった。(三浦惇平)