• アピタル

長崎県も重点措置要請を検討 病床使用率15%超える

新型コロナウイルス

石倉徹也
[PR]

 長崎県は17日、まん延防止等重点措置の適用を国に要請する検討を始めていることを明らかにした。今後の感染状況を見すえ、区域を含めて判断するとしている。

 県内では15日に過去最多の207人の感染が判明するなど感染が拡大している。16日の県全体の病床使用率は18・7%。中村法道知事が、重点措置の要請を検討するとしていた「15%前後」を超えている。

 感染拡大を受け、県は13日から「会食は4人以内かつ2時間以内」とすることや、「不要不急の県外との往来を控える」ことなどを求めている。石倉徹也

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]