中日ドラゴンズ新人合同自主トレ開始 立浪監督が伝えた言葉は

有料会員記事

山田佳毅
[PR]

 プロ野球・中日ドラゴンズの新人合同自主トレが13日、ナゴヤ球場で始まった。10日に隣接する寮に荷物を運び込んだ新人選手6人は、自分の名前と背番号の入ったゼッケンを身につけ、元気にグラウンドへ駆けだした。

毎週火曜朝に中日ドラゴンズにまつわる話題をお届けします。

 立浪和義監督は、少し離れた位置から選手たちを見ていた。「また、スタートしたなあ」

 監督として立ち会うのはもちろん初めて。だが、臨時コーチとして昨年も春季キャンプに参加し、若手を指導している。今年は異なる立場で新人選手らと接する。

 小雪が舞うほど寒い天気だったが、元気に走る選手たちを見て立浪監督はどんな印象を受けたのか。

 まずは、ドラフト1位入団のブライト健太(22、上武大)。「彼の走っている姿というか動きというのは、すごいなと思った」

 走攻守の能力の高さが売りのブライトは、小学校高学年ですでに、なわとびの三重跳びができたという。攻撃力アップが急務なチームの即戦力として期待されている一人だ。なにより指揮官が目を見張ったのが、躍動感のある体のバネだった。「身体能力の高さが、アップ(準備運動)しているだけでも感じる選手。非常に楽しみですね」と目を細めた。

 この日、新人選手のなかで最…

この記事は有料会員記事です。残り1258文字有料会員になると続きをお読みいただけます。