東大前刺傷、殺人未遂容疑の高2「スマホ捨てた」 警視庁が捜索

[PR]

 東京都文京区東京大学前の路上で大学入学共通テストの受験生ら3人が刺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された名古屋市の高校2年の少年(17)が逮捕直後、「スマートフォンを捨てた」と話したことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、端末のデータや検索履歴から事件の手がかりが見つかる可能性があるとみて端末を探している。同庁は17日、少年を送検した。

 少年の送検容疑は、15日午前8時半ごろ、東大弥生キャンパス西側の路上で、共通テスト受験生の女子高校生(17)と男子高校生(18)の背中を刃物で刺し、殺害しようとしたというもの。近くの男性(72)も刺されて重傷を負った。

 捜査関係者によると、少年は3人を刺した直後、持っていた包丁で自らを刺すそぶりを見せた。警備員がやめるように言うと包丁を捨て、座り込んだ。この前後、「親に迷惑をかけた」「死んでしまおうと思った」と話したという。

 少年は駆けつけた警察官に現行犯逮捕され、直後は容疑を認めて動機や経緯を話していた。その後は黙秘に転じ、現在は雑談に応じる状況だという。

 少年の逮捕直後の説明では、14日夜に夜行バスで名古屋市を出て、15日午前6時ごろにJR東京駅に着いた。その後、現場を見に行ったという。少年は「以前から計画していた」「上京した後、私服から学生服に着替えた」といった説明をしていたという。

 事件現場では包丁やナイフ、のこぎりのほか可燃性がある液体や着火剤が押収されたが、捜査関係者によると、16日に自宅を家宅捜索した際には似たような物はなかった。自身のパソコンは持っていないという。同庁は押収品の分析や、家族や学校関係者への聞き取りを通じて動機や生活実態を調べる。