青森県西目屋村で恒例の「雪室りんご」づくり

古庄暢
【動画】雪の中で熟成、酸味「まろやかに」 青森の雪室りんごづくり=古庄暢撮影
[PR]

 雪の中でリンゴを熟成させる「雪室りんご」の貯蔵作業が17日、青森県西目屋村の道の駅「津軽白神ビーチにしめや」であった。3月下旬に掘り起こす予定で、道の駅の直売所では3~4個入り1袋600円(税込み)で販売する。

 雪室りんごは、ひょう被害などで傷がついたリンゴの付加価値を高めようと、12年前に村が始めた。道の駅を運営する一般財団法人「ブナの里白神公社」や青果仲卸会社が引き継ぎ、毎年この時期に貯蔵作業をしている。

 この日は高さ10メートルほどの雪山を除雪車で削って雪室を作り、木箱などに入れた県産リンゴ約9800玉を埋めた。雪室内は温度が低く、湿度が高くて熟成に適しており、公社の角田克彦事務局長は「酸味がまろやかになり、甘さが引き立ったリンゴになる。味わってみて欲しい」と話した。(古庄暢)