• アピタル

がんにも「ぜったいにかてる」 恐竜が好きだった9歳が残した贈り物

有料会員記事

寺崎省子
[PR]

 千葉県銚子市の加瀬武虎くんは、4、5歳のころから恐竜が大好きな子どもだった。

 恐竜の絵を描いたり、図鑑を見たり。特に好きだったのは、ティラノサウルスだ。

 みんなから「虎」と呼ばれ、明るくよく笑う子どもだった。

 小学3年生になった武虎くんが、母親の慶子さん(44)に吐き気を訴えたのは、2019年6月23日のことだった。

 「気持ち悪い」

 しばらく様子を見ていたが収まらず、「目の奥も痛い」と言うようになった。

 2日前、千葉市にある科学館へバス遠足に行った時は元気だったのに。

 不安になってインターネットを検索すると、「脳腫瘍(のうしゅよう)」の文字が出てきた。

 かかりつけ医で頭のMRI画像を撮ると、腫瘍が写っていた。

 紹介された地域の拠点病院に入院し、7月には千葉大学病院に移った。

 抗がん剤と放射線による治療を受けた。

「ひとつずつクリアしていこう」

 歩く元気もなくなっていたが、リハビリにも励み、一時は病棟の中を走り回るほどになった。

 やはり小児がんで入院していた5歳年下の「大ちゃん」を、弟のようにかわいがっていた。

 毎日のように恐竜の絵を描いては、メッセージを添えて贈った。

 「ぜったいにかてる!!」

 「ひとつずつクリアしていこう」

 「はなれていてもこころはそばにいるよ」

 大ちゃんはこの春から、小学1年生になる。

 けれど武虎くんは、検査で脊髄(せきずい)や小脳などへの転移が見つかった。

 20年1月に一度退院。再び治療で一時入院。4月に退院したが、食欲がなくなり、気分の悪さを訴えて、5月に慶子さんの車で地元の病院へ。また千葉大学病院に戻った。

 「恐竜が大好きな男の子が再入院してきた。でも、長くない」

 武虎くんの話が、千葉市の認定NPO法人「ミルフィーユ小児がんフロンティアーズ」の理事長、井上富美子さん(75)の耳に入ってきた。

 小児がんの子どもと家族を支援する団体だ。

 「何かできないだろうか」

 東京・上野の国立科学博物館で「恐竜博士」として知られる真鍋真副館長(62)を、小児がん経験者の母親から紹介してもらった。

 真鍋さんは武虎くんに、恐竜の絵本を贈った。

 テレビ電話で、話もした。

 武虎くんは目をきらきらさせて喜んだ。

 真鍋さんも「ことばのキャッチボールができる子だな」と思った。

小児病棟と博物館をつないで

 恐竜が病気に打ち勝つ励みに…

この記事は有料会員記事です。残り1432文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら