トンガ在住の英国人女性が死亡 犬を助けようとして流されたか

ロンドン=金成隆一
[PR]

 南太平洋のトンガ諸島で起きた海底火山の大規模噴火で、現地在住の英国人女性が犠牲になったことが明らかになった。津波の影響とみられている。親族の男性が17日、英メディアに明らかにした。

 英タイムズなどによると犠牲になったのは、トンガの首都ヌクアロファで暮らすアンジェラ・グローバーさん(50)。波にさらわれた数頭の犬を助けようとして一緒に流されたとみられている。一緒にいた夫のジェームズさんは近くの木につかまり助かった。波が引いた後、遺体が見つかったという。

 ジェームズさんが衛星電話で英国の親族に一報を入れたという。

 アンジェラさんは2015年に結婚してトンガに移り住み、野良犬の保護シェルターを運営していた。「クジラと泳ぐ」という幼少期からの夢をかなえるための移住だったといい、親族の男性は「その夢を実現してくれたのがトンガでした」と語った。

 ジェームズさんはトンガでタトゥー(刺青)ショップを経営している。地元の人々を雇ってタトゥーの技術を教えているという。(ロンドン=金成隆一)