17日に発射の2発は「戦術誘導弾の射撃試験」 北朝鮮メディア

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮朝鮮中央通信は18日、北朝鮮の国防科学院や軍需経済を担当する「第2経済委員会」などの計画により、17日に「戦術誘導弾」2発の射撃試験を行ったと報じた。日米韓は、同日朝に北朝鮮の平壌にある順安空港付近から発射された短距離弾道ミサイルとみられる2発を探知していた。

 同通信は、北朝鮮の西部地区から2発の精密誘導弾を発射し、日本海の島に設定した目標を精密に攻撃したと伝えた。射撃試験は、生産、装備される戦術誘導弾を選択的に検閲し、兵器システムを検証する目的で実施され、正確性や安全性、運用効率が確認されたとしている。

 米韓の情報当局は、2発の飛行距離が約380キロで、最高速度はマッハ5(音速の5倍)前後、最高高度は約42キロと探知していた。北韓大学院大の金東葉(キムドンヨプ)教授は、同通信が配信した写真から、米国製の「ATACMS(エイタクムス)」に類似した短距離弾道ミサイル「KN24」と分析。「すでに実戦配備されていると理解しなければならない」と話す。(ソウル=鈴木拓也)