「グライダーみたいな人」演じる難しさ コント芸人が語る岸田首相像

有料会員記事

聞き手・池田伸壹
【動画】岸田首相のまね、何が難しい?=藤原伸雄撮影
[PR]

 権力者のものまねは、ときの政治を風刺する手法として古今東西で行われてきました。公演チケットが取りにくい社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」の浜田太一さんは、2020年の自民党総裁選の時から、岸田フミオを演じています。岸田文雄首相をまねることの難しさやだいご味を聞きました。

 ――岸田首相を演じるきっかけは。

 「これ自分がやりたいと思ったわけではないんです。ザ・ニュースペーパーの場合、だいたい誰をやるかは他薦なんです。一昨年、安倍政権が終わり菅さんが首相になるとき、岸田さんも自民党総裁選に立候補しました。その時『お前、やれるんじゃないか?』と岸田さんをやってと言われて。『ええ!』ってなりました」

 「我々メンバーからしたらですね、首相をやるのは、アイドルグループでいうセンターなんですよ。私にとっては初めてのセンターです。ただ、『お前やれ』と言って祭り上げられて、しかも岸田さんでしょ。もうちょっとキャラクターある人だったら、『よーし、やったるか!』っていう感じなんでしょうけど。どうにかなるかなと思いながら、色々と研究したんですが、研究すればするだけ、どんどんわからなくなってきました。珍しい人ですよね、あの人」

記事後半では、岸田首相そっくりのものまね動画が見られます。まねるコツや政治コントの変化についても語ります。

キャラクターのない総理

 ――そんなに特徴をとらえにくいですか。

 「今までの総理の中であんな…

この記事は有料会員記事です。残り2327文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年1月18日22時6分 投稿

    【視点】子どもの頃から絵を描くのが得意な方だったため、よく友達や学校の先生から「似顔絵を描いてくれ」と頼まれました。それで、いざ似顔絵を描こうというときに、誇張すべき特徴がとらえられない相手だととても困るんですよね。 逆に、誇張すべき特徴は明