「一緒に悩もうぜ」吉沢亮×「横にいる感覚」北村匠海 舞台で兄弟に

有料会員記事

聞き手・井上秀樹
[PR]

 まさに「旬の俳優」にふさわしい。ミュージカルもこなす吉沢亮と、バンド「DISH//」のボーカルでもある北村匠海が、舞台「マーキュリー・ファー」で極限状態に生きる兄弟、エリオットとダレンを演じる。スターの坂を上りゆく2人が見る風景は。

手放しちゃいけない

 ――2015年の初演を見て印象的だったことは。

 吉沢 まあ、強烈だな、というのが一番の印象であって。その場で動いてる役者さんたちの熱量とか。転換とか一切使わず、生の時間を見てて。役者としてうらやましいなと思ったんですよね。芝居に魂を注いでんなあみたいな感覚が。こんな作品やりたいですって言ってたら、まさかやらせてもらうことになるとは。

 ――出演の経緯は。

 北村 僕、舞台初めてなんですけど、でもずっと、意図的に、自分がやってる他の仕事とかも考えて、ライブで行われる作品を二つ掛け持つことはできないなと思っていたんです。ただ、吉沢亮君とも何度も共演させてもらってる仲で、白井(晃=演出)さんの作品も見てたので、しかも「マーキュリー・ファー」という作品で声がかかるってのは、これは、手放しちゃいけないなっていう思いがまずあったのと。自分が映像の世界で培ってきたものを、1回、ゼロにできるタイミングだなとも思ったので。そういう、破壊欲的なところが当てはまったなあという感じがしてます。

 ――お二人が演じる兄弟はどんな関係ですか。

 吉沢 エリオットから見たら…

この記事は有料会員記事です。残り3081文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら