• アピタル

熊本県、まん延防止等重点措置の適用を国に要請

大木理恵子
[PR]

 熊本県蒲島郁夫知事は18日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、特別措置法に基づくまん延防止等重点措置の適用を国に要請し、発表した。

 県によると、国が適用を決めた場合、県全域で感染が急拡大していることなどから、県内全市町村を重点措置の対象区域にする予定。

 また、県内全ての飲食店に営業時間短縮などを要請する。県の認証制度による認証店は、営業時間を午後9時までとして酒類を提供するか、午後8時までの営業時間で酒類提供を自粛するかを選べるようにし、協力金の額も変える。非認証店については営業時間を午後8時までとし、酒類提供を自粛するよう求める。

 重点措置の対象区域や飲食店への要請を含めた対策は、国と協議した上で、県の対策本部会議で最終決定して、公表する見通し。(大木理恵子)