多様化する北朝鮮ミサイル 実戦配備強調で米韓牽制、国内結束も狙い

有料会員記事

ソウル=神谷毅
[PR]

 北朝鮮朝鮮中央通信が18日、前日17日に「戦術誘導弾」2発の射撃試験を行ったと報じた。ミサイル発射は今年に入って4回目だが、ミサイルの種類は3種類とみられ、発射手段や地点も多様だ。実戦に使える能力があると誇示して米韓を牽制(けんせい)し、国内向けに成果を宣伝する狙いも透ける。

 日米韓は17日朝、首都・平壌にある順安空港近くから発射された短距離弾道ミサイルとみられる2発を探知していた。

 朝鮮中央通信は17日の発射の目的を「生産、整備されている戦術ミサイルを選んで検閲し、正確性を検証するため」とした。試射計画は「国防科学院や第2経済委員会による」とも触れた。第2経済委員会は軍需経済を担う部署で、ミサイルは既に大量生産して配備済みだと示唆し、米韓を牽制する狙いのようだ。

 米韓の情報当局は2発の飛行…

この記事は有料会員記事です。残り1440文字有料会員になると続きをお読みいただけます。