第30回きっと尾行されている 「中国送り」への恐怖と彼がくれたサプライズ

有料会員記事

台北=石田耕一郎
[PR]

連載「それでも、あなたを」香港編②完

【香港編①】「香港の豚」だった私が催涙弾を浴びるまで バーの出会いで人生一変

三つ上の彼氏、陳子叡に誘われ、平和的な抗議デモに参加した黄暁丹は、「自分も何かの形で民主化運動に役立ちたい」と思うように。しかし、2人のもとには危険が迫っていました。

 2019年の冬。陳子軒は警察の留置施設にいた。

 恋人の黄暁晴とともに、香港警察に逮捕された。ボランティアとして参加していたデモが違法なものとみなされたためだった。

 デモから連行された施設には100人近くが収容されていた。釈放されるまで40時間近く、暁晴とは別の部屋で、横たわることもできず、用意されたいすに座って過ごした。

 子軒は施設の中で、激しい後…

この記事は有料会員記事です。残り1833文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載それでも、あなたを 愛は壁を超える(全41回)

この連載の一覧を見る