不支持より「わからない」多数 岸田政権のとらえどころって 

有料会員記事

編集委員・高橋純子
[PR]

記者コラム「多事奏論」 高橋純子

 昨年末、ある神社を訪れたついでにおみくじを引いたら「大吉」だった。女性誌の星占いにも2022年は幸運ですよと書いてある。よしっ。期待を膨らませて年を越したが元日そうそう当たってはずれた。

 商業施設のパーキングで、運転していた車のバンパーを駐車中の車のバンパーに当ててしまった。どちらにも特段の傷は見当たらなかったけれど、事故処理しましょうということで警察に来てもらった。

 おそらく二十歳そこそこのお巡りさん。名前、職業、そして勤務先を聞かれる。

 「朝日新聞です」

 ――あさひは平仮名、カタカナですか?

 「いえ、漢字です」

 ――漢字……。

 「あの、普通のあ・さ・ひです」

 ――旭日(きょくじつ)のあさひじゃなくてですか?

 「違います。えーっと、あさひがのぼるのあさひです」

 そこまで言ってやっと、ペンが走った。ひと昔前は朝日新聞と告げると、良くも悪くも警戒されたものだけど、ね。聴取が終わり、「寒いので車内でお待ちください」と優しく促される。たしかに、寒い。私は心のギアをニュートラルにして、しばししみじみ、若きお巡りさんのI don’t know(知りません)をかみ締めた。

 さて岸田文雄首相は、自身に…

この記事は有料会員記事です。残り1049文字有料会員になると続きをお読みいただけます。