NHK番組「2人の間にトラブル」表現、BPO「問題なし」と判断

弓長理佳、野城千穂
[PR]

 宮崎市で2年前に男性2人の遺体が見つかった住宅火災の報道で、被害者の尊厳が傷つけられたと親族が申し立てていたNHKの番組について、放送倫理・番組向上機構BPO)の放送人権委員会は18日、「人権侵害も、放送倫理上の問題もない」とする委員会決定を出した。

 NHK宮崎放送局は2020年11月20日放送の「イブニング宮崎」で、同年3月の火災について「警察では2人の間に何らかの金銭トラブルがあり」、1人がもう1人に火を付けた疑いが強まったとして、殺人などの疑いで書類送検する方針と報じた。男はその後書類送検され、容疑者死亡で不起訴となった。

 被害者の弟が「兄にも何らかの原因があったのではとの印象を抱かせ、尊厳が傷つけられた」としてBPOに申し立てていた。

 委員会は「何らかの金銭トラブル」という表現について「(被害者男性に)何らかの非があったと強く示唆しているわけでもない」「取材で裏づけをとったうえで警察の見方として伝えている」などとして、人権侵害や放送倫理上の問題はないと判断した。

 一方、番組で使われた「トラブル」という言葉はさまざまな意味で受け取られる可能性があるとして「事件報道の決まり文句のようなものとして安易に用いることのないよう、留意する必要があろう」とも指摘した。

 NHKは「放送したニュースに問題がないとの主張が認められたと受け止めている。今後も人権に十分配慮しながら報道していきたい」とコメントした。(弓長理佳、野城千穂)