• アピタル

新型コロナ 北海道は過去3番目698人感染 函館は過去最多45人

新型コロナウイルス

中野龍三
[PR]

 北海道内では18日、新型コロナウイルスの感染者が新たに698人確認された。過去3番目の多さで、600人を超えるのは4日連続。札幌市内で70代男性の死亡が確認された。

 新規感染者698人のうち札幌市は287人で、4日ぶりに300人を下回った。一方で同市以外での増加が目立ち、函館市では過去最多の45人の感染を確認。これまでは昨年1月16日の30人が最多だった。

 道が警戒レベルを判断する指標のうち、「病床使用率」は14・3%(17日現在)で、前日より0・5ポイント増。まん延防止等重点措置適用の要請を検討する「レベル2」移行の基準となる「20%超」に徐々に近づいている。

 クラスターは新たに6件発生した。旭川市旭川大学運動部学生宅で学生5人、千歳市内の知人同士の飲食を伴う会合で6人、石狩振興局管内の飲食店で従業員11人、七飯町の障害福祉サービス事業所で職員と利用者計35人、帯広市の障害者支援施設で職員と入所者ら計11人、根室市の認可外保育施設で利用者と職員計13人の感染がわかった。

 道は18日からオミクロン株かを調べるゲノム解析やスクリーニング検査を中止した。直近1週間の検査でオミクロン株の疑いが8割を超え、ほぼ同株への置き換わりが進んだとして国の通知に従った。

 感染者増に対応するため、道は21日から北見市の「コンフォートホテル北見」を宿泊療養施設にする。オホーツク地域では2棟目で、受け入れ人数は約100人。(中野龍三)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]