• アピタル

五輪直前、北京でコロナの感染例相次ぐ 複数の経路で広がりか

新型コロナウイルスオミクロン株

北京=高田正幸
[PR]

 冬季五輪の開幕を来月4日に控える北京で、新型コロナウイルスの感染例が相次いでいる。北京市は18日、新たに計3人の感染者を確認したと発表した。このうち2人は15日に変異株「オミクロン株」への感染が確認された女性の家族と同僚だが、別の1人はデルタ株であることが判明。複数の経路で感染が起きている模様だ。

 初のオミクロン株の市中感染が発覚した15日以降、北京で感染が判明したのは計4人。コロナ流行を理由に、五輪の組織委は17日、従来の方針を転換し、観戦チケットを一般向けには販売しないことを表明した。

 ただ、招待客は認める方針で、これ以上の感染拡大は五輪のさらなる混乱を招きかねない。北京ではさらに厳しい防疫対策が取られる可能性がある。

 五輪直前の2月1日には春節(旧正月)を迎えるが、北京市はすでに市民に実家には帰らず、市内で年を越すよう呼びかけている。22日から3月末までは、市外から北京に入った全員に72時間以内のPCR検査を求める方針だ。(北京=高田正幸)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]