インドネシアで首都移転法案が可決 新首都名「ヌサンタラ」、意味は

有料会員記事

ジャカルタ=半田尚子
[PR]

 インドネシア国会は18日、首都をジャワ島にあるジャカルタからカリマンタン(ボルネオ島)に移す根拠となる「首都移転法案」を賛成多数で可決した。首都の名前を「ヌサンタラ」とし、移転準備を進める政府機関を設置し、本格的な移転に向けた実務が動き出す。

 現地メディアなどによると、今年から5段階に分けて移行作業を進めていき、2045年の移転完了を見込む。首都全体の広さは約25万6千ヘクタール。今年末から24年までに公務員50万人を移動させる。

 名称はインドネシア語で群島を意味する「ヌサンタラ」で、約1万7千の島々からなる群島国家であるインドネシアを表している。言語学者歴史学者らが提案した約80の選択肢の中からジョコ大統領が選んだ。

 法案可決後、首都移転を所管するスハルソ国家開発企画相は「新首都は中心的な機能を持ち、国家のアイデンティティーの象徴であると同時に、新たな経済的重力の中心である」と述べた。

 壮大な移転計画をめぐっては…

この記事は有料会員記事です。残り421文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    長野智子
    (キャスター・ジャーナリスト)
    2022年1月19日11時8分 投稿

    【視点】世界中が新型コロナウイルス対策に翻弄される中で、国家予算約4兆8千億円と、23年という歳月をかけて首都移転というニュースに、朝一番へ~と反応してしまった。移転先は今もジャングルなので、まさにゼロから開拓するという壮大な計画をよくこのご時世に