トンガ政府が初の声明、3人の死亡確認 「全住宅が倒壊」の島も

シンガポール=西村宏治
[PR]

 海底火山の大規模噴火に見舞われたトンガで18日、地元政府が初めて公式の声明を発表した。3人の死者が確認されたほか、複数のけが人が出ているという。トンガでは30を超える島に住民がいるが、中には「すべての住宅が倒壊した」島もあるといい、今後、大きな被害が明らかになる懸念も出てきた。

 トンガでは噴火の影響で海底ケーブルが損傷し、国外との通信が困難になっている。このためトンガ政府の声明は、オーストラリアの在トンガ高等弁務官事務所が代理で公表した。

 声明によると、死亡が確認されたのは英国人が1人と、トンガ人が2人。このほかに複数のけが人が報告されているという。

 現時点で特に深刻な被害が分かっているのは、中部ハーパイ諸島だ。標高の低い小さな島は津波をかぶったとみられ、政府は同諸島のマンゴ島では「全住宅が倒壊」したと報告。フォノイフア島では「2棟を残しただけ」とした。

 両島では数十人が暮らしていたとみられ、政府はこうした小さな島から、近隣のやや大きなノムカ島への避難を開始した。ただノムカ島も大きな被害を受けているという。

 両島については、オーストラリア軍とニュージーランド軍が17日に実施した上空からの視察でも、深刻な被害が確認されていた。国連人道問題調整事務所(OCHA)も17日、両国の視察の結果を踏まえて、こうした小さな島の状況を「特に懸念している」と説明していた。(シンガポール=西村宏治