「支えおうて生きてんねん」 働く88歳の双子姉妹 朝の習慣は 

有料会員記事

【動画】88歳の双子は人気店の看板おばあちゃん=才本淳子撮影
[PR]

 88歳双子の姉妹、十代都喜子(じゅうだいときこ)さんと葛野都司子(くずのとしこ)さんは、大阪・南船場の地元に愛されている料理店「十代(じゅうだい)橘(たちばな)」の看板おばあちゃん。

 冬限定のかす汁、煮魚や煮物といった家庭料理を目当てに多くの人が訪れる。毎日、毎日、2人は早朝に出勤し、大忙し。

 午前4時過ぎ。「寒いなあ」「手ぇも冷たい冷たいわ」

 暗闇の中、静まりかえる大阪・南船場の商業ビル間を、2人が手をつなぎ、おしゃべりしながら歩く。「こけんようにな、支えおうてんねん。はっはっは」

看板おばあちゃんの朝の習慣は

 2人が働く、料理店「十代橘」に着くと、シャッターを開け、パチッと電気をつける。一日が始まる合図だ。「朝は、まっさらで好きやねん」と双子の姉、都喜子さん。

この記事は有料会員記事です。残り1211文字有料会員になると続きをお読みいただけます。